2012年02月03日

東海館

東海館・外観


こんばんは、福寿丸です。
今日もまた寒いです。
日中には、雪もちらついて、この冬一番の寒さという感じです。


先日、時間があったので、
夕方から、東海館を見学に行って見ました。


東海館は、昭和初期に創業された、
老舗高級旅館で、1997年の廃業の後、
1999年に伊東市の文化財として指定され、
現在は、観光施設として一般公開されています。


見学するには、入場料200円、
土、日曜、祝日などは、入浴することもできます。
入浴料は500円です。


玄関を入ると、左手に受付があり、
入場料200円を払い、
順路に従って進みます。


各客室を見て回ることができます。


東海館・客室
客室


さすがは高級旅館、
普段はテレビドラマでしか見ることのないような、
火鉢などが風情を醸しだしている感じです。



大広間


3階には、120畳の大広間があります。
本当に広いですね。子供なら駆け回ってしまいたくなるのでは・・・。
と思っていたら、注意書きに走らないで下さいとの、
禁止事項がありました。


しばし、古き時代の盛大な宴会を想像して・・・・・。
最上階の望楼へ向かいます。



望楼への階段


最上階の望楼への階段は狭く急な階段になります。
滑らないように、望楼用のスリッパへ履き替えて登ります。
本当に急なので、ご年配の方などは、十分注意した方が良いですね。



望楼


望楼からは、360度、景色が楽しめます。
この旅館が出来た当時は、きっと、他に高い建物はなく、
今よりももっと、素晴らしい景色だったのではないでしょうか。
なんか、時代劇に出てくる天守閣の最上階といった雰囲気でした。
行かれる方はくれぐれも、階段の上り下りは気を付けた方がいいです。


一通り見学し終えて最後に、
喫茶室で、紅茶を頂きました。
1杯、400円でした。


季節がら、少し喫茶室は寒い感じがしましたが、
これが、春先あたりだと、松川を眺めながら、
居眠りでもでそうな、ほっと落ち着く静かな雰囲気です。


観光の休憩に、コーヒーをちょっと一杯というのには、
ピッタリの場所です。おすすめです。



中庭


あと、感心したのは、建物の中心には、
吹き抜けのような感じで、中庭がありました。
今時では、なかなか、こういう造りにするのは、
贅沢な感じがしますよね。とてもお洒落です。
館内の見学はゆっくり回って30分くらいといったとこでしょうか。


伊東の駅からは歩いて10分弱くらいで。
駐車場はありませんが、
歩いて2分くらいの場所に、有料の駐車場があります。
30分くらいとめて150円でした。


快適なホテルもいいですが、
せっかくの温泉地ですから、
こういった風情のある旅館が現役で、
営業しているといいなと思うのですが。
そういう時代ではないのでしょうか・・・・。


明日の2階レストランは11時30分からの営業の予定です。
ご利用お待ちしております。




カピバラの温泉入浴



posted by 福寿丸 at 22:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。